長編物語『風と共に去りぬ』は映画より本が絶対おすすめ

映画『風と共に去りぬ』は20代の初めにビデオレンタルで観て衝撃を受け、それからというものお盆や年末年始といった長期休暇を利用して何度も自宅で鑑賞していきました。

年齢と共に受ける印象が異なりますし、アメリカの南北戦争という歴史自体の知識も増すことによって物語をより深くできるようになってきたので、観るごとに違う感想を抱いてきました。

2年前のある日、「ほんとに好きだね、その映画」と言った妻の手には私への誕生日プレゼントとして『風と共に去りぬ』全5巻が!「本の方が面白いらしいよ」と思いもよらぬ嬉しいプレゼントをしてくれたのです。

その夜からさっそく就寝前の読書を楽しんだのですが、映画では表現されていなかった細かな時代背景やヒロインの心情の変化などが詳しく描かれており、映画のワンシーンを思い出しながら、また自分で情景を想像しながらどんどん惹きこまれていきました。

次の日早いから寝なければと頭では理解しているものの、ストーリーの面白さに「あと1ページ」「この章の終わりまで」と読むことを止められず。

小さな頃から読書は決して嫌いではありませんでしたが、時間を忘れてこれほどまでに没頭できる作品に出会ったのは人生で初めてでした。

車通勤なので読書は就寝前に限られていましたが、5巻を10日間で読破。読み切った時の感動と清々しさは何物にも代えがたいものでした。

与えられた映像を気楽に楽しめるという意味では、映画は確かに偉大な娯楽です。しかし一方で、「自分だけの想像の世界に浸る」という意味では本に勝るものは無いでしょう。

楽して何でも手に入る現代においても、読書という自ら能動的に行う行為の楽しさや感動は決して失われてはいけないものだと改めて感じました。漫画を高く売る大作戦!

アナログ本もデジタル本も両立して楽しんでいます

読書は小さい頃からの趣味であり最近も色々な本を読んでいるのですが、やはり時代の変化としてはデジタル化された本というものが多くなっているのを実感します。

ここ最近は電子書籍リーダーなども便利ですし、それ以上にスマホでの読書がとても便利で通勤時間などに読書が捗りますね。

電子書籍に関してはやはり置き場所を取らないという点や、買いたくなった時にすぐ購入ができるという色々と利便性が高いのも良い点ですね。

電子書籍などは割引きセールなども多くやっており、古い漫画などを一気読みしたくなった時などは安く買えるのも良いですね。

手軽に読めるという点では青空文庫なども使いやすいですし、通勤時間などは新書などをスマホで気軽に読めるので、デジタル版などはとても便利です。

しかしデジタル版なども多く買っているのですが、やはりアナログ版の本の魅力も衰えてないと思っています。凝っている装丁やマニアックな記事、そして何より楽しいのが古本街の散策ですね。

神田などの古本街は本当にマニアックなものから、歴史ある本などが多く見ているだけでも楽しい気分になってきます。

ふらっと寄った古本店で普段では決して出会わない本などに巡り合うことなどもあり、積み本なども増えている感じです。古本市なども定期的に行っていますし、やはり本が好きな人が楽しそうに探している場所というのも好きなのでしょう。

こういった具合にアナログ本もデジタル本も、色々なメリットがありますし両方好きなので読書は一生ものの趣味だと思っています。

好きな本を大量に買った時の感想と結果について

私は普段から本を集めていて収納が面倒でした。それを売ったこともあってお金になったことを覚えています。しかし集めた本を売る時は少し勿体無いです。私はお金と大事な本の間で葛藤していたと思います。

結局は以前に大量に買った本を売りました。その時はお金が入って少し裕福な気分になりました。また同時にここまで本にお金を使っていて驚きました。できるなら趣味にはあまりお金を出したくはなかったのです。

しかし私は本がなくなって凄く寂しいと思いました。暇な時には本を読んだので勿体無いという感情がありました。そういう感じで再び本を大量に買ったのです。

通販サイトで本を買うことは当たり前だと思います。私は大量に買った本を眺めて嬉しいと感じました。通販サイトで本を集めるとそれらが非常に安いと思います。

実際に本を買ったらそれが凄い量だと気付きました。私は100冊くらいは通販サイトで注文をしていたと思います。その量が家に来たので処理に困りました。

しかし中身は良い本で状態も問題なかったです。私は本を修理して使っていた記憶もあります。例えば破れた本を修理して読みました。そういう感じで本はいつも大事にしたいと思っています。

私は一度に多くの本を買ったので満足できました。かなりの満足感で今でも思い出すことがあります。好きなジャンルは小説で外国人の作家のものです。そういう本をまとめ買いして本当に癒やされました。

できるなら再び本は大量に家に送りたい気持ちです。

2018年、W「ゆづき」に振り回された読書

2018年の読書を振り返ると、まさにW「ゆづき」な1年でした。

まずは遅ればせながら、ドラマ化された「ランチのアッコちゃん」の原作者・柚木麻子さんの「ナイルパーチの女子会」にたまたま図書館で出会い、久しぶりにパンチのある女性作家さんと出会ったことに感激し、「ランチのアッコちゃん」はもちろん、「伊藤君AtoZ」「けむたい後輩」「ねじまき片思い」「わたしにふさわしいホテル」など著書を片っ端から読み漁りました。

正直「ナイルパーチの女子会」以降は、私にとって当たりとハズレが行き来する感じで、本屋さんで新作を迷わず買う!というほどにははまれませんでしたが、今後も作品を読みたいと思っています。
特に林真理子さんが好きな方にはおすすめの作家さんです。

その流れで図書館で、ゆずき、ゆずき、ゆずき…と棚を探していた所、近所の図書館では「柚木麻子」さんは「ゆ その他」の棚にあり、数々の「ゆ」から始まる作者の本の中から探し出すのですが、間違えて「柚月裕子」さんの「ウツボカズラの甘い息」を借りてしまいました。

自分がサスペンス、ミステリーはめったに読まないことと、これまでとは驚くほど作風の違いに、戸惑いながらもページをめくる手を止められず、全部読み切ってから、作者が違うことに気付きました。

ミステリーは得意ではありませんが、その後も「最後の証人」「検事の本懐」などを読みました。人間の心情を描くのがとても上手いので、ミステリーはちょっと苦手という方にも是非読んで欲しい作品です。

心のあり方を指南してくれた強くなれる頼もしい本

これまで心理学的な本やスピリチュアル系の本や自己啓発系に興味を持っていたので、簡単な本を軽く読んできました。

確かにどの本も素晴らしい、良い内容の本ばかりなのですが、イマイチ、私の頑固な性格だとすんなりと入ってこなくて、上手く実践出来ずにいたのです。

そんな時に旦那からおすすめされた本は、中村天風の成功の実現という本です。分厚いハードカバーの本で、価格も何と1万円という高価な物ですが、中身は私でも読みやすい内容でした。

威圧感のある本だと思っていたのですが、内容は噛み砕いた説明で分かりやすく、ざっくばらんな感じで書かれていたので、親しみやすくて、これまで読んだ心理学系の本よりもスーっと理解出来ました。

強い心持ちにする為の秘訣というか、呼吸法等のリラックス法が分かりやすく書かれていて、普段緊張しやすく自己評価が低かった私にとって正に目からウロコの内容でした。

どんな時でも積極的にポジティブな心でいることの大切さを教えてくれた本でした。直ぐに気を抜くと、元々のネガティブ思考に陥ってしまうので、そこは意識的に成功の実現の内容通りに心がけを変えていきました。

心身共に疲れてしまった時にまた読み返すと、体の奥底から力が漲ってくる気がします。悩み事等の辛い時に読んでいると勇気が湧いてきて元気を取り戻して、また頑張ろうと背中を押されます。

本にも書いてあって印象的だったのが、人生は心一つの置き所という言葉でした。全て心次第で強く幸せになれると教えてくれました。

本好きで立ち読みをする私が本を福袋でたくさん買ってみる

40代男性です。日頃から寝る前や暇な時間があれば大体文字を読む習慣がついてしまって、むしろ文字を読んでない時間がもったいない位になってるおじさんです。

朝は新聞を隅から隅まで、昼の仕事ついでに株のストラテジーの本は必ず読んでいます。最近ですと近所に本を売るなら~♪で有名なお店でよく立ち読みをするのです。

これがまた少々の雑踏というか雑音の中で本を読むことのまた心地よいこと居心地がいいこと。特に誉田哲也さんの小説が大好きでストロベリーナイトからソウルケイジは一気読みしてしまうほど面白いです。サスペンス仕立てで謎解きも”本”でしか出せない味があります。

読んだことがない方は是非とも一度お手に取って頂きたいと思います。そんな本大好き、文字に取りつかれた男がここ一番でお得だった話をさせてください。それはもちろん福袋です。

誰が何と言おうと福袋です(笑)ネット通販駿河屋というのがありましてそちらの商品で本の詰め合わせ200冊という福袋を買ってみました。

これがまた2980円でどういう値段設定なんだ?と首をかしげるほどなのですが中には更に驚かされます。大好きな村上春樹をはじめ太宰治、伊坂幸太郎と数々の有名な作品が何とも大量に入っており全て読みつくすのに1年は掛かるんじゃないかという位でした。

その中にも、もちろん駄作というかどう考えても読まない作品もたくさんありました。昔は好きだったけど作風が古く時代とマッチしてない、言い回しがどうしてもおかしいなどなどです。他の本どうしようかなーっと思って本を売るなら~♪の店舗に持って行ってみたのです。

すると・・・なんと要らない本80冊ほど全部で3000円以上になったのです。こんなことってありますか?本当にお得な買い物ができました。

今は電子ブックというようなタブレットで本を読む方が多いらしいですがやっぱり書店に自ら出かけ、店の雰囲気と立ち読みをするという習慣はいくら年を重ねてもついやってしまいそうです。 今日も私はあのBGMに誘われてついついあの店に立ち寄ってしまうのだろう。

有名な古書店で本を買い取ってもらいました

誰もが知る有名古書店と言えるかどうかは定かでないですけど、コマーシャルなんかでやっていたりするので、殆んどの人は知っているのではないでしょうか?

部屋の中に沢山ある本をどうすべきかという時に、こういった本屋さんがあれば非常に便利という事になるでしょう。

先日こちらの方に出向いて、実際に部屋の中に溜まっていた本を買い取ってもらいました。正直金額的に高いとは言えないものばかりでしたが、少なからずお金になった訳で、それなりのメリットはあったと言えそうです。

もう1つ本の処理方法として考えていたのはネットオークションなのですが、こちらの方は写真撮影等自分自身でしなくてはいけないので、そういう意味で面倒になってしまうという面があります。

ただ、それなりの売却価格を見込めるのであれば、こちらの方を利用した方がお得という事になるでしょう。

過去の落札価格等も確認する事ができますから、同じ商品がどれくらいの金額で落札されているかを事前に把握する事ができる様になっています。

古書店で売ったお金は、ちょっとした食事代くらいにしかなりませんでしたが、それよりも良かったなぁと思うのは部屋の中が相当片づいた事です。

ただ、人間というのは、こういったスペースができると直ぐに別の本で埋めたくなってしまうという習性があるので、また同じような状況になってしまうのではないかと懸念しています。

これからは計画的に本を購入して読んで行かないといけないなと、改めて思った次第です。