好きな本を大量に買った時の感想と結果について

私は普段から本を集めていて収納が面倒でした。それを売ったこともあってお金になったことを覚えています。しかし集めた本を売る時は少し勿体無いです。私はお金と大事な本の間で葛藤していたと思います。

結局は以前に大量に買った本を売りました。その時はお金が入って少し裕福な気分になりました。また同時にここまで本にお金を使っていて驚きました。できるなら趣味にはあまりお金を出したくはなかったのです。

しかし私は本がなくなって凄く寂しいと思いました。暇な時には本を読んだので勿体無いという感情がありました。そういう感じで再び本を大量に買ったのです。

通販サイトで本を買うことは当たり前だと思います。私は大量に買った本を眺めて嬉しいと感じました。通販サイトで本を集めるとそれらが非常に安いと思います。

実際に本を買ったらそれが凄い量だと気付きました。私は100冊くらいは通販サイトで注文をしていたと思います。その量が家に来たので処理に困りました。

しかし中身は良い本で状態も問題なかったです。私は本を修理して使っていた記憶もあります。例えば破れた本を修理して読みました。そういう感じで本はいつも大事にしたいと思っています。

私は一度に多くの本を買ったので満足できました。かなりの満足感で今でも思い出すことがあります。好きなジャンルは小説で外国人の作家のものです。そういう本をまとめ買いして本当に癒やされました。

できるなら再び本は大量に家に送りたい気持ちです。