アナログ本もデジタル本も両立して楽しんでいます

読書は小さい頃からの趣味であり最近も色々な本を読んでいるのですが、やはり時代の変化としてはデジタル化された本というものが多くなっているのを実感します。

ここ最近は電子書籍リーダーなども便利ですし、それ以上にスマホでの読書がとても便利で通勤時間などに読書が捗りますね。

電子書籍に関してはやはり置き場所を取らないという点や、買いたくなった時にすぐ購入ができるという色々と利便性が高いのも良い点ですね。

電子書籍などは割引きセールなども多くやっており、古い漫画などを一気読みしたくなった時などは安く買えるのも良いですね。

手軽に読めるという点では青空文庫なども使いやすいですし、通勤時間などは新書などをスマホで気軽に読めるので、デジタル版などはとても便利です。

しかしデジタル版なども多く買っているのですが、やはりアナログ版の本の魅力も衰えてないと思っています。凝っている装丁やマニアックな記事、そして何より楽しいのが古本街の散策ですね。

神田などの古本街は本当にマニアックなものから、歴史ある本などが多く見ているだけでも楽しい気分になってきます。

ふらっと寄った古本店で普段では決して出会わない本などに巡り合うことなどもあり、積み本なども増えている感じです。古本市なども定期的に行っていますし、やはり本が好きな人が楽しそうに探している場所というのも好きなのでしょう。

こういった具合にアナログ本もデジタル本も、色々なメリットがありますし両方好きなので読書は一生ものの趣味だと思っています。